≪女性に良い印象を与えるメールとは?≫

現代人にとって、メールは欠かせない連絡手段です。「ただの文章だろ?」と思うかもしれませんが、書き方1つで相手に「良い印象」、或いは「悪い印象」を与えてしまうのです。女性に良い印象を与えるメール内容とはどういったものなのでしょうか?

≪女々しいメールは女性に引かれやすい≫

女性が「ドン引きするメール内容」というアンケートで、次のような結果が出ています。「馴れ馴れしい」「ギャル文字を使う」、「絵文字を極端に多く使う」、「回りくどい」、「極端な長文」など、様々な回答があります。

総じて言えることは、「女々しいメールは嫌」ということでしょう。言いたいことはハッキリ言う、それもシンプルで短文の方が好まれやすいです。話をまとめることが苦手な方は「長文になりやすい」傾向があるので注意してください。

また、出会って間も無いのに「馴れ馴れしい表現」は絶対にやめましょう。これは男性としてのマナーはもちろん、社会人としてもあたりまえのことです。絵文字を使うのは良いことですが、使い過ぎると引かれてしまうので気を付けてください。

≪良い印象を与えるメールの返し方≫

これは非常に難しい問題ですが、「メールをすぐに返した方が良い」という人と、「時間を置いてから返した方が良い」という人がいます。個人的な意見として、「仕事関係はすぐにメールを返すべき」ですが、「女性関係は多少間を置くべき」だと思います。

恋愛は「駆け引き」です。押してばかりではせっかくの恋も成就しません。少し間を置く、つまり「引く」ことも大切なのです。もちろん時間を置き過ぎとダメなので、朝もらったメールは夕方、或いは夜に返してみましょう。

≪話題をどんどん振っていこう。「今何してるの?」はNG≫

女性は基本的に「受けの姿勢」の方が多いです。男性が話題を振ってくれるのを待っているので、積極的に様々な話をしてみましょう。趣味のことや最近の起こったことなど、探してみれば意外とたくさんあるものです。

また、「質問」も有効です。「今何してるの?」という内容を送る方が多いですが、これはNGです。「この人暇なのかな」と思われてしまう上、彼女が忙しい時にこの内容を見たらイラっとしてしまうからです。

なので、「あの映画見た?」というような「中身のある」質問にするようにしましょう。これにより悪い印象を与えることなく、次の話題に発展しやすい状態になります。今回の場合、「まだ見てないよ」と返信があったら、「一緒に見に行かない?」と繋がる訳です。

メールはただの文章です。しかし、上述のように書き方1つで印象が台無しになってしまうことも。これらの点を意識するだけで、女性に好まれやすいメールを書くことができるはずです。