≪「キスしていい?」と聞かないで!≫

キスを成功させる方法は、ムードを事前に作って、彼女をその気にさせてあげることです。それはデートの終盤では遅すぎます。なぜなら、女性というのは消極的な男性と一緒にいれば、そのうち「早く帰りたい」と、思ってしまうものだからです。こんな状況でキスをしようとすれば、断られるどころか怒られてしまうかもしれません。

そのため、キスを迫るのであれば、デートの序盤からしっかりとムードを作ってあげることが大切です。彼女にとっても受け入れ態勢を整える時間をあげましょう。もちろんこれは、初めてのベッドインでも同じです。

≪キスができるかどうかは、その日のデート次第≫

デートは男性にとっても女性にとってもわくわくするものです。しかし、その期待値が裏切られれば、誰であれがっかりしてしまうでしょう。そのため、キスができるかどうかはその日のデート中の行動がすべてを握っています。

女性から好意を持たれるためのデート中の行動は別の記事で掲載しているのでここでは詳しく書きませんが、大切なのは「思いやりと気遣い」です。ちょっとした好印象ポイントを積み重ねていけば、どんどん彼女はあなたにひかれていくでしょう。

そして、その気持ちがマックスになった時こそキスのチャンスです。男らしい態度で、彼女に迫ってください。しかし、こうした勇気が持てない人も多いのが実情です。では、どういったタイミングなら、キスを迫っても良いのでしょうか?

≪女性からも「キスしていい」サインを送っているのです≫

デートは男性がリードするもの。しかし実は女性からも、OKのサインを出していることもあります。

・声のトーンが変わる
・手を握り返してくる
・15cm以内の距離に顔が近づく
・上目づかいであんたを見つめる

こうしたしぐさを、相手の女性が取ってくるのであれば、キスの成功率は高くと判断できます。そのため、サインを見逃しては絶対にいけません。常に相手のことをよく観察しながら、デートを進めるようにしましょう。

ちなみに、女性にとって理想のキスのシチュエーションというのは、「ロマンチックで薄暗い場所」です。そして、それに加えて重要なのがムードとタイミングです。デートで夜景が美しい高台や、ホテルのバーなどが選ばれるのはこうした理由があるからです。

また、周りに人がいないことを確認するのももちろん大切です。がやがやしたところでキスを迫られるなんて、女性にとっては最悪の状況といえるでしょう。逆に言えば、ムードがあって二人っきりの状況がつくられれば、女性としても「キスされるかも?」という気持ちになります。こうしたシチュエーションを作ってあげるのは、男性の役目です。

はじめてのデートでキスをするのは基本的に難しいことです。しかし、しっかりとデートを成功させることができれば、クリアできる可能性はないとは言えません。どちらかと言えば、女性もキスをされたい、と望んでいるもの。しかし男性がふがいないと、不合格判定を出さなくてはいけなくなってしまうものなのです。

そのため、男性にとってはハードルが高いかもしれませんが、彼女の唇を奪うためには、とにかくデートをしっかり行うことだけを考えましょう。そして、「キスしていい?」なんて言葉は決して口に出してはいけません。その答えは、彼女が態度で示してくれているはずです。それをしっかり見抜くのも、いい男の条件と言えます。