≪男性が選びがちなNGデートスポット≫

彼女をデートに連れていく時、あなたならどこの場所を選びますか?定番のデートスポット、二人の思い出の場所、色々と選択肢はありますよね。でも、「ここだけはNG」というダメなデートスポットがあることをご存じですか?

≪「またここ?」と言われてしまうデートスポット≫

男性は「行きつけ」を作りたがると聞きます。常連の「居酒屋」、「バー」、「スナック」など、「自分の居場所」があると落ち着くのかもしれませんね。新しい場所で「失敗したくない」という男性の本能がそうさせているのでしょう。
逆に女性は「新しい場所を開拓」したい方が非常に多いです。この考え方の違いが男女の大きな差となっている訳ですが、デートの場合はできるだけ彼女の意見を尊重するようにしましょう。
行きつけの場所が落ち着くといえ、毎回そこに足を運んでいては彼女も飽きてしまいます。「また?」と言われてしまっては遅いので、できるだけデート毎に行き先を変えるよう意識しましょう。

≪せっかくのデートなのに「ラブホテル」を選ぶのはNG≫

カップルならラブホテルに足を運ぶのは当然のこと。決して恥ずかしいことはありません。ですが、デートの目的地がラブホテルとなるのだけはやめておきましょう。場合によっては誤解を与えてしまいます。
様々な場所を巡って、最終的にホテルに行くのはアリだと思います。しかし、最初からラブホテルに行っていると、「身体目当て?」と思うのも無理ありません。デートの雰囲気も崩れてしまいますし、あまり良い選択肢とは言えないでしょう。

≪ギャンブル関係の場所は避ける≫

デート中、「ちょっと時間が余ったな…」となることが多々あります。その時間を別のことに有効活用できれば良いですが、「パチンコ屋」や「競馬場」などで時間を潰すことはやめましょう。
これらの趣味を否定するつもりはありません。ですが、それは「一人でいる時にやればいい」だけの話です。お金を失うというリスクがある上、デートの雰囲気もガラりと変わってしまいます。「ムード」など一瞬で無くなってしまうでしょう。
仮に共通の趣味だったとしても、お金の問題は「カップルが揉める原因」の1つです。せめて今だけは、二人の時間を大切にするようにしましょう。
いかがったでしょうか?次のデートスポットは決まったでしょうか。彼女としては、あなたと一緒ならどこに行っても楽しいことでしょうが、例外はあるものです。上記のようなNGスポットにさえ注意すれば、彼女はもちろん、あなたもきっと満足するデートになるはずです。