≪おごりすぎはダメ!気前がいいのもほどほどに≫

女性におごってあげるのは、男性の甲斐性の見せ場と言えるかもしれません。些細なことを気にせずに、女性の分を払ってあげる姿は気っ風がよく見えるでしょう。
しかし、おごりもまた金銭のやり取りであることに変わりはありません。やりすぎてしまえば、カップルの間で金銭的に不公平な状態となってしまいます。どちらかが一方的にお金を支払い、もう片方が受け取ってばかりいる関係は果たして正常でしょうか?
また、過剰なおごりは意外と重たく感じられてしまうこともあります。あんまり高額なものをおごってしまうと、むしろ引かれてしまう可能性もあります。

≪気前がいいと疑われる≫

出かけるたびにおごる、彼女が欲しいと思ったものをすぐ買ってあげる……など、あまりにも気前の良すぎる振る舞いは、実は好感をもたれにくいものです。
買ってもらえるのになんで? と思うかもしれませんが、買ってもらえるからこそ、女性はその気前の良さの裏側に下心を感じ取ってしまいます。女性にものを買い与えることで好感を持ってもらい、あわよくば好いてもらおうという下心があるのではないかと疑ってしまいます。
付き合ってからずっと気前が良いのも疑われますが、付き合ってもいないのに気前が良すぎるとなったらもうアウト。女性はほぼ確実に「この男は私を狙っているんだな」と警戒してかかるでしょう。それで避けられることもありますし、最悪の場合はお金を払ってくれるカモとして利用されてしまうでしょう。

≪支払い額がかさばりすぎないように≫

たとえ付き合っている場合でも、おごりすぎやプレゼントのあげすぎには注意が必要です。そうやって彼女にあげた金額が積み重なれば積み重なるほど、相手はその金額や男の感情を重たく感じるようになってしまいます。
女性からすれば、過剰なおごりは恩着せがましく、なおかつそのお礼として好きになってあげなければならないような義務感を生じさせる重苦しいものになってしまいます。もらう側は無条件で嬉しいもの、という考えはやめましょう。

≪さりげなく、ほどほどに≫

男性が女性におごるかどうかはカップル内での価値観にもよるでしょう。おごってもらえて嬉しいと思う女性もいれば、男性が女性におごるのは、まるで男性が上位に立っているみたいで不快だ、という独立心の強い女性もいます。こういった考え方についても機会があれば話し合って価値観をすりあわせておけると良いですね。

それでも、個人のわがままとしておごりたい、格好つけたい時もあるでしょう。そういった時に大切なのはさりげなさです。おごることを強調せず、さりげなく会計を引き受けてしまい、そしておごった後も「おごりなんてなかったよ」とばかりに気にしないでいること。こういったさっぱりとした態度を取ることこそ、おごられた女性に変な気を使わせないコツです。
なお、おごったことにお礼をしたいと言われたのなら、最初はひとまず断っておきましょう。申し出たお礼をすぐに受けると、お礼欲しさにおごったと誤解されてしまいます。
断ってもなお食い下がるようなら素直にお礼を受け取るべきです。おごられた側はどうしても恩を感じてしまいますが、その恩を返せないままでいるのは意外と心苦しいものです。