≪女をうんざりさせる・・・クサイ男!≫

一般的に日本人は、体臭が弱いと言われています。しかし、とある調査では、実に9割もの男性がキツイ体臭があると思われていることが判明しているようです。知らないうちに、臭い人、と思われている可能性があるということですから、男性にとってはちょっと心配な話しですよね?つまり、多くの日本人男性がデオドラントが必要とも言えるのです。あなたは大丈夫ですか?

≪男性の年代別体臭と原因≫

・20代の男性の体臭からするイヤな臭い
普通20代の男性であれば、体臭がキツくなる心配はそこまでありません、しかし、最近では20代の男性でも体臭が気になる、という方が増えているようです。皮脂の酸化が進み、焦げ臭い感じがしたり、ストレスが蓄積され汗の酸っぱい臭いがしたり。その他、体調不良からからだの中から臭ってくる強い汗のアンモニア臭というのもあるようです。

・30代の男性の体臭からするイヤな臭い
男性は30代を過ぎたあたりから体臭が少しずつ強くなります。汗に含まれる乳酸が、頭皮に住むブドウ球菌により分解されて臭う廃油のような臭いが強くなり始めます。最近になって、この臭いが加齢臭でなく第3の臭い「ミドル脂臭」であることがわかりました。しかもこの成分は、少量でも他の原因成分よりも臭いを感じる成分で、特に女性により認識されやすいというものです。

・40代の男性の体臭からするイヤな臭い
からだが老化して皮脂が酸化しやすくなり40代特有の脂肪酸が出始めることで、青臭い・ビールの発酵した臭いがします。これが代表的な加齢臭です。

体臭には年代特有の他にも、さまざまな種類があります。病気、便秘からくるもの、その他足や、口、頭といった部分からも発生します。

≪自分の臭いをチェックする方法≫

自分自身が悪臭をはなっていないか確認したいなら、お風呂上りのタイミングでさっきまで身につけていた洋服の臭いをかいでみましょう。人の鼻というのは時間が経つにつれ臭に慣れ てくるものです。そのため、悪臭であっても知らず知らずのうちにマヒしてしまうのです。
しかし浴室では、水蒸気の成分が鼻の感覚を正常に戻してくれますので、本来のご自身の臭いに気づきやすくなります。

≪体質を改善する方法≫

・皮脂分泌の多いTゾーン・耳の後ろ・首・胸の中心・わきの下・背中の中心・おへそ周り・陰部・足の指の股・足の裏をよく洗う

・衣類や下着は吸湿性・防菌効果のあるものを選び、こまめに取り替える

・食事は臭いのもととなる肉類(動物性たんぱく質・脂肪)を控え、臭い物質を自ら積極的に取り込み、体外に排出してくれる腸内善玉菌を増やし、バランスのよい食事を心がける

・からだを酸化させないためにも日頃から、抗酸化力をもつビタミンC・臭いにはたらきかけてくれるカテキンをしっかり取る

上記のように臭い対策にはさまざまなものがあります。しかし何においても大切なのは、やはり「清潔」であること。これだけで、ほとんどの悪臭は防ぐことができます。そして何よりも大切なのは、ストレスをためにくい生活基盤を整えることです。ストレスを受けると人間のからだはアンモニアを大量につくりだします。常にストレスがたまっている人は、どんどん酸化に対する抵抗力が弱まり、体臭も強くキツメの臭いを発するようになるのです。仕事を頑張りすぎたり、一人で考え込んだりして、いつの間にかストレスをため込むような人は生活スタイルも一度見直してみることも大切なのではないのでしょうか。

女性は男性の臭いに非常に敏感です。好みや許容範囲は人それぞれですが、女性から避けられないためには、今すぐにでもチェックしておきましょう。大人の男性の最低限のエチケットです。日頃から、制汗スプレーの常用・ハンカチ・歯ブラシ・口臭スプレー等の常備はしておいた方が無難であり、香水を使うなら自分に合う香りをほんのりと・・・・。