≪セックスレスを解消しよう≫

「最近彼女とベッドインしたのはいつ?」という質問に対して、あなたはどう答えますか?数か月以上していない場合、それはセックスレスの状態です。付き合いはじめたばかりの頃の、熱い夜をもう一度迎えるために、男性が努力する必要があるのです。

≪いきなり強引に誘うのはNG≫

行為を数カ月、或いは半年以上していない場合、「事前に何かしらの相図」を出しておく必要があります。久々なので恥ずかしいかもしれませんが、それは相手も同じことです。日常会話の中に、冗談でも良いので、夜の営みを示唆する内容を盛り込むと良いでしょう。

もちろん強引に襲いかかるのは男性としてNGです。向こうは長年連れ添った女性かもしれませんが、それでも紳士的な態度で臨むことが大切なのです。

≪できるだけ前戯に時間をかける≫

女性はその場の雰囲気を大切にします。いきなり本番をしようとするのは「NG行為」です。最低でも30分以上、前戯に時間をかけていきます。ここで時間を使うことで、「これから愛の営みをする」という雰囲気が自然に出来ます。

言葉攻めも人によっては有効ですが、あまりそればかりにこだわると雰囲気が崩れてしまうので、ほどほどにしておきましょう。

≪シチュエーションにも気を使う≫

前述のように、セックスレスのカップルは数カ月以上、夜の営みをしていません。そういったカップルは「ホテル」に行くのも有効です。シチュエーション作りにもなりますし、何より女性をその気にさせます。

日常生活を送っている自宅でも良いですが、中々良い雰囲気になりませんよね。自宅がNGとは言いませんが、できることならカップルでホテルに行ってみましょう。「久々に行ってみない?」という感じで誘ってみてください。

≪下半身に自信が無い方は「奥の手」を使う≫

セックスレスの原因は大半が「男性」にあります。年齢を重ねる内に、下半身に元気が無くなったという方も多いのではないでしょうか。これは至って自然なことなので、何も恥じることはありません。

ですが、セックスレスを解消するためには、男として誠意を見せなければなりません。どうしても自信が無い場合、バイアグラなどのED治療薬を服用することをオススメします。

「そもそもバイアグラって何?」と思っている方も多いでしょうが、一言でいえば「ED治療薬」のことです。シルデナフィルという有効成分を保有しており、男性の勃起不全の治療に役立ちます。この「奥の手」を使えば、カップルのセックスレスを解消することができるはずです。「以前調べたけど、保険対象外だから高くてちょっと…」という方も、ご安心を。2014年には特許切れのためジェネリック品が発売になるそうですから、これまでよりお安く入手できるはずです。