≪AVとの付き合い方≫

AVと男性は切っても切れない縁で結ばれています。いつ見るか、どこに保管するか、どうすれば彼女のバレないのか、色々と考えてしまいますよね。AVを見ることは悪いことではありませんが、その内容を彼女に強要するのはNGとなってしまいます。

≪AVの内容は全て「演出」である≫

改めて言うことは無いかもしれませんが、AVで行われていることは「演出」です。どれだけ刺激的なことでも、それは「演出の一部」でしかない訳です。中には過剰な演出もありますが、全ては視聴者を喜ばせるためにあります。

基本的にAVは「男性向け」に制作されています。逆を言えば「女性の意思は反映されていない」ということにもなります。実際にAVを見て内容にドン引きしてしまう女性も多く、AVに対して嫌悪感を持っている人も少なくありません。

例えば「顔に精液をかける演出」があるとしましょう。それで女優が喜んでいたとしても、ただの演技に過ぎません。実際は仕事と割り切っているはずです。

それを彼女に試してみたらどうなるでしょうか?大半の方が「激怒」することでしょう。目に入ってしまうと病気になる恐れもありますし、ハッキリ言って不衛生です。「男のロマン」があるかもしれませんが、それを彼女に押しつけるのはNGではないでしょうか。

≪AVを鑑賞している姿を絶対に見られない≫

大半の女性は「男性がAVを見ている」と知っています。頭ではわかっているものの、「その現場を見たらドン引き」すること間違いありません。そもそも鑑賞しないことがベストですが、どうしてもやめられないですよね。

鑑賞している姿を見られたらNGなので、「個室ビデオ店」に足を運ぶのもアリです。ここなら100%彼女に見られる心配はありません。最近では「ネットカフェ」でも同様のサービスを提供しているので、意外と1人になれる場所があるものです。

≪SMプレイに対する考え方≫

AVを鑑賞していると、過激な「SMプレイ」に興味が湧くことがあります。「女性にはMが多い」という話がありますが、実際はそうでもありません。特に最近は「肉食系女子」という言葉があるように、S寄りの女性も増えているのではないでしょうか。

下手にSMプレイを持ちだすと、彼女を嫌な気分にさせてしまうことがあります。なので、事前に了解を得ておきましょう。力任せにするのはNGですから、彼女が受け入れてくれる場合のみ、SMプレイを楽しんでみてください。

このように、正しいAVとの付き合い方を知っておけば、彼女に嫌な思いをさせることなく、満足させることができるはずです。大切なのは相手の気持ちを尊重すること。自分の願望を押しつけることだけはやめましょう。