≪知っておいて損はない合コンのマナー≫

合コンは男女の出会いの場、恋人が欲しい人にとっては最大のチャンスです。だから気合を入れたのに、それに反して残念な結果に終わった経験はありませんか?男性が良かれと思ってしている行動が、実は女性にとってはNGに映っていることもあるんですよ。そこで、異性に引かれないように気をつけるべきポイントをまとめてみました。なかなか合コンで上手くいかない男性は参考にしてみてくださいね。

≪内輪話ばかりする≫

せっかく皆での会話を楽しむ集まりなのに、女性陣の知らない話で盛り上がられてもポカーンとなってしまいます。そうされると残されている側はつまらないし、ないがしろにされている気分になりますよ。

私は特に体育会系男子相手の合コンはそういう風になりがちだと感じています。彼らは普段周りに異性が少ないから、女相手に何をしゃべっていいのか分からないんですよね、きっと…。自分が楽しいからと言って、周囲も笑顔になるとは限りませんよ?合コンが終始そんな感じだったなら、意中の相手からのメール返信が無くても文句は言えません。

とにかく知らない人同士が集まっているのですから、誰にでも通じる話をするのがマナーです。内輪話をするにしても、その内容や背景の説明を入れるなど、知識ゼロの相手にも話が分かるように伝える努力をすべきでしょう。

≪自慢話や愚痴を話す≫

合コンでは当日の行動だけがあなたの印象の全てです。自慢話や愚痴ばかりをしていては、次の機会は二度と訪れないでしょう。話した方はスッキリして気分が良いかもしれませんが、これで場が盛り上がるかと言うと疑問ですね。皆は楽しむために集まっているのに、愚痴で場を盛り下げてしまうとあなたへのイメージは暗くて空気が読めない人になってしまいますよ?

いくら心の中に会社や世の中への不満が溜まっていても、ここではガマンをしてください。つい自分をよく見せようと自慢話をしたくなる人もいるでしょうが、それはマイナスです。むしろ聞き手に徹したり、合コンに参加した全員が楽しめるような気配りが出来たりする人は非常に好印象と言えます。今まで気にしていなかった人は、これから考えを改めてください。

≪ケータイをよくいじる≫

「ケータイ依存症」という言葉があるくらいですから、これが手元に無いと落ち着かない人が結構いるのは知っています。しかし合コン中にいじるのは「あなたたちに興味はありませんよ」と言っているようなもので、明らかにマナー違反でしょう。こんなちょっとした行動で、女性は白けてしまいます。

どんなにメールやSNSが気になるからと言っても、合コンの時くらいはケータイを触るのは我慢しましょう。どうしてもいじりたい場合は、トイレに行ってこっそりするのがベターだと思います。

いかがでしたか?自分の合コン歴を振り返って、ちょっと耳が痛い方もいるんじゃないでしょうか。しかしその胸の痛みは決して無駄じゃないですよ。直せるところは直して、楽しく良い出会いをゲットしましょう!