≪直しておきたい変なクセ≫

人間は誰しもクセを持っているものです。私も「何かものを思い出す時は目線がななめ上にいく」というクセがあります。しかしあまりにそれが度を超したものだと「え?この人は何なの!?」と引かれてしまうかもしれません…。女性に比べて親のしつけがゆるいからでしょうか?男性は注意されずにそのまま育った人が多い気がしますね。ここでは周りから悪印象を受けるクセを紹介します。出会ったばかりでこれらをやってしまうと、彼女の気持ちは遠のいてしまうでしょう。

≪タンやつばを道に吐き捨てる≫

一緒に歩いていて、これをやられると非常に不愉快だし恥ずかしいです。平気で街を汚しているので、「モラル意識が低いんじゃないか?」と思ってしまいますね。たまに街で見かける、下品なおじさんのイメージもあります。好きな女性が同じことをしている姿を想像してみてみましょう。きっとがっかりしてしまいますよね?

タンが絡むのは生理現象ですから仕方ありません。しかし道に吐き捨てるのは絶対にやめましょう。その場ではガマンして「トイレで処理する」「こっそりティッシュに出す」などの人目につかない工夫をしてみてください。

≪貧乏ゆすり≫

身体をガクガクゆらしている人を見ると、周りの人は何故かイラついてしまうものです。開き直って「貧乏ゆすりにはストレス解消の効果があるらしいよ~」などと言い訳をする男性もいました。その効果については定かではありませんが、代わりに「周りのストレスを生産しているんだよっ!」と突っ込まずにはいられません。やはり上品な行動ではありませんし、直しておいた方が無難です。

思わずやってしまったらすぐに止めるという心がけで、少しずつ改善していきましょう。

≪口を開けて物を食べる≫

これはインターネットでいわゆる「クチャラー」と言われて非難されています。クチャクチャ音を立てながらモノをかむ様子を指して、こういうネーミングなのだそう。食べ方が汚いと、一緒にご飯を食べる気が失せると言うものです。デートと言えば食事なので、このクセはだいぶ致命的ですよ。

とにかく口を閉じてそしゃくすることを意識してください。口呼吸の人がこういう食べ方になりやすいとも聞きます。当てはまる人は日常生活を鼻呼吸に切り替えてみると、改善につながるかもしれませんね。

たくさんの人がいるのですから、その分だけ変なクセはあります。そして悪印象を与えるのは、ここに書かれているものだけではないでしょう。自分ではなかなか気づきにくいので、ハッキリ言ってくれる友人に聞いてみるのもひとつ手です。