≪女性は「車で男は判断しない」・・・なんてウソ≫

「若者の車離れ」なんてことが昨今言われていますが、車は「移動手段」、「趣味」としてだけでなく、「コミュニケーションの場」としての役割も果たします。つまり、車は愛を育む場所でもあるのですね。また大人のスキンシップも男性の車の中から始まり、最終的にベッドルームに誘うための雰囲気作りの1歩としての役割を持っています。

≪車の選び方と女性を乗せる前に気をつけること≫

男性の外見、服装が男性の魅力をアピールするように、車というのも男性の魅力を示すひとつのアイテムです。もしお金に余裕があるのなら、当然高級車に乗った方が女性から好印象を得られるでしょう。「女性は車の良し悪しで男を判断したりしない!」というのは真っ赤なウソです。高級車は経済力や権力などをアピールします。

とは言え、身の丈に合っていない車は逆効果にもなります。今の時代、エコカーなども含めさまざまな選択肢が車にはあります。自分おこだわりがあれば、どのような車でも女性にアピールすることはできるとも言えるでしょう。

女性を自分の車に乗せる際には、車内を綺麗に整頓しておくことを忘れてはいけません。社内が汚い男性というのは、そもそも自分の管理能力が低い人間だ、というふうに判断されてしまいます。意中の女性をドライブデートに誘うのであれば、洗車はもちろん、車内にも十分気を配りましょう。

また、もしも他の女性を乗せる機会があったのであれば、その痕跡を残すようなことはしてはいけません。女性はこうした点をしっかりチェックしています。「自分以外の女の子も乗せているんだ」と思われれば、その時点で関係が終わってしまうでしょう。

そのほか、最低限のメンテナンスや事後トラブルへの対処法については必ず用意をしておきましょう。事故が起こった際に、あわてふためく様子を見せては女性から嫌われてしまいます。

≪女性は助手席から男性を知る≫

車はその人の音楽の趣味、運転マナー、人柄が表れる場所です。特に運転は、その人の性格や運動能力、器など様々なものが見透かされてもしまいます。急に乱暴な声を出したり、渋滞や幅寄せにいらつく姿を見せると、この人の本性はこれなんだな、とがっかりされてしまう可能性があります。二人きりで過す空間ですから、女性に対して気づかいはもちろん、常に紳士でいられるようにしましょう。

また運転技術に関しても、意外に女性はチェックしているものです。急ブレーキや急発進が多いと、運転が下手なのだな、と思われてしまいます。そのため、常にソフトな運転を心掛けることで女性の気遣いができる人だという印象を与えることができます。

また、長距離運転などに出掛ける際には1時間から2時間ごとに必ず休憩を取るようにしましょう。そのほか、季節に関係なく紫外線対策としてサングラスを用意し、さりげなく女性に渡してあげることも重要です。

今やマイカーを持たないのが当たり前の時代になってきました。しかし、女性との関係を深めるためには、今一度、車の購入について考えてみてはいかがでしょうか。そして、もしも女性を乗せた場合には、運転のマナーや振る舞いなどに注意し、気遣いができる男性であることをアピールしましょう。

車は男女にとっての大切なコミュニケーションの場。毎日の移動手段としても、パートナーとの愛をはぐくむためにも、ぜひ購入を検討してみましょう。