≪「ごめん」が言えない男に魅力なし≫

「ごめん」の言がなかなか言えない男性というのは多いようです。謝罪の気持ちが表現できないというのは、人間ができていない証拠。そして、自分が悪いのにそれを認められない姿というのは、女性から非難の対象になります。当然魅力を感じれませんし、印象は悪くなる一方。女性からもてたいのであれば、しっかりと謝罪のできる人間になりましょう。

≪自分に非があれば、すぐに謝れる男性は男らしい≫

女性である男性であれ、好意をもつ異性というのは人間的に尊敬のできる人です。そのため、謝罪をしっかりできるということは、ある意味ではポイントが高いとも言えるのです。もしもあとでよく考えて、自分に非のある行動だったのであれば、すぐに認めるようにしましょう。

例えば、彼女がデートの日に遅刻してきたとします。あなたはついつい怒ってしまい、けんかになってしまいました。悪いのはもちろん彼女です。しかしいきなり怒鳴りつけたことは、あなたの非でしょう。こうした場合は、「さっきは大きな声を出してごめん」と、冷静になって謝ることが大切です。相手が悪いんだから、自分は謝る必要がない、なんて考えでは、いつまでもけんかがおさまりません。

≪男性の謝罪と女性の謝罪の違い≫

「ごめん」の言葉は、女性にとって人間関係を円滑にしてくれる潤滑油のようなものです。しかし男性にとっては、自分の負けを認めるようなものであると考えている方も多いのではないでしょうか。これは男女間の大きな違いともいえます。

女性の場合、この状況をなんとか解決しよう、という気持ちで謝罪を行います。これには、自分にも悪いところがありました、という意味も含まれています。ですが、もちろんそこには「あなたにも悪いところがあったよね?」という意味が隠されていることを忘れてはいけません。

その例として、女性が頭をさげてくれたのに、腹がおさまらず相手をけなすような言動をしたことで、ぎゃくに事態が悪化した経験はありませんか?雰囲気をよくしたいと思っているのに、そんな態度を取られてしまっては、女性としても怒りが再燃してしまいます。

≪お互いに謝るときはWin-Winの関係で!≫

男性の謝罪よりも女性の謝罪は軽くなりがちです。そこに腹を立てていては、いつまでもけんかが耐えないでしょう。そこで、男性も女性と同じく、とりあえず謝れる術を身につけましょう。つまり、全面的に自分が悪いという意味ではなく"ここは自分が悪かった"と謝るのです。そうすれば、女性より先に謝罪ができるので、事態を速やかに解決することができるでしょう。そして、その謝罪を女性が受け入れ、向こうからも「ごめん」の声が聞こえれば、それで一件落着にしてください。

「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるように、人間関係がうまい人は素直な謝罪ができるものです。そして同時に「ありがとう」を忘れません。男性の場合、ついついこの部分が疎かになっている方を見かけますが、これは正すべきでしょう。感謝を伝えるのは大切です。それを続けて行けば、謝罪の言葉がもっと大きな意味を持つようになります。それぞれの関係性を常に良好に保つための「ありがとう」。そして、何かあった時にしっかりと言うべき「ごめん」を、普段から心がけてくださいね。