≪パートナーとの喧嘩がヒートアップする≫

カップルは、関係が深まるにつれて、お互いに率直な意見を交わすことが増えます。そのため、意見や考え方の違いが浮き彫りになり、喧嘩に至る場合もあるでしょう。「喧嘩するほど仲が良い」と言うように、喧嘩ができる間柄とは、それだけ率直に意見が交わせるほど、深い関係になっている証なのです。

とは言え、喧嘩がエスカレートすれば、仲が良い証とも言ってられません。お互いにヒートアップするうちに、関係が壊れてしまう可能性がありますから、喧嘩の後の仲直りは非常に重要。カップルの喧嘩は、交渉の場ではありませんから、ごね得や勝ち負けはありません。どちらが良い悪い関係なく、早めに仲直りのために動いて損はないのです。

≪喧嘩は勝ち負けではない≫

喧嘩は、仲良しカップルの証ではありますが、決して好きで喧嘩しているわけではありません。どんなカップルだって、パートナーのことが大好きで、より良い関係を築くために喧嘩するのです。ですから、何よりも素直になることが重要です。

しかし、喧嘩になるとどちらもヒートアップして、感情的になりがち。喧嘩となったきっかけや原因があったはずなのに、いつの間にか「怒ること」が目的にすり変わってしまいます。プライドも手伝って、「謝るまで許さない」とお互いに硬直状態になるのは、カップルの喧嘩でよく見るパターン。これでは、何のために喧嘩したのか分からなくなり、また同じことを繰り返してしまうでしょう。

カップルの喧嘩の多くは、どちらかがパートナーの振る舞いに対して不快感を抱いたり、意見が別れることによって起こります。その喧嘩が、なぜ起こったかを本当に理解できなければ、同じことで何度も喧嘩となります。

お互いに対する不満が蓄積されれば、別れることになるかもしれません。ただ、逆になぜ喧嘩を起きたか理解し、対処できればお互いをより深く理解できるようになるでしょう。

≪パートナーの気持ちに寄り添おう≫

カップルの喧嘩は勝ち負けではありませんので、どちらが正しいか、正しくないかはあまり重要ではありません。大切なのは、お互いの落としどころを見つけること。そのため、自分が正しいというような主張は禁物です。

大切なのは、パートナーの気持ちに寄り添うこと。男性は女性よりも、鈍感と言われ、女性が「気づいて」と送っているサインに、気づかない傾向があります。もちろん「言葉にされていないのに、分かる訳がない」というのが男性の正直な気持ちでしょうが、そこはぐっとこらえてください。

正しい、正しくないかは別にして、パートナーが悲しんでいることは事実だからです。まずは、パートナーの気持ちに寄り添うことに専念しましょう。「君が悲しむと思わなかったんだ、ごめんね」と「ごめんなさい」「好き」を駆使し、冷静に対処します。

男性が怒りを向けずにパートナーの気持ちに理解しようという姿勢を示せば、パートナーもヒートアップすることはありません。ぽつりぽつりと、何に憤ったか、傷ついたか、喧嘩の原因を話してくれます。ここまで来れば、仲直りまで目前。パートナーの気持ちに理解を示しながら、同じ轍を踏まないために、考え方の摺り合わせを行います。

ここまでくれば、パートナーも落ち着いているので、お互いに素直な気持ちを口にしやすい状況。2人が納得いく落としどころを見つけることができるでしょう。カップルの喧嘩は、対処を間違えると痴話喧嘩どころではなくなります。人はそれぞれに、考え方が違って当たり前。どちらがいいか悪いかに拘るよりも、喧嘩で違いを理解しながら2人寄り添うことで、さらに仲良しカップルになれるのです。