≪彼女を怒らせるNGワード≫

あなたは彼女と「口ゲンカ」をしますか?どちらに原因があるにせよ、大抵の場合「男性の無神経な発言」がきっかけで揉めるようです。もしかしたら無意識な内に彼女を傷つける「NGワード」を口に出しているのかもしれませんよ。

≪「元カノ」は究極のNGワード≫

以前付き合っていた女性の話をするのはやめましょう。これは最大の「NGワード」です。まず第一に、その件はもう終わったことです。今更引っ張り出したところでどうしようもない上、「まだ未練があるの?」と思われてしまいます。

もちろん今の彼女と元カノを「比べる行為」は男性として最悪です。「○○ちゃんは良かったのに、お前はさー」といった具合です。これはNG中のNGなので、絶対にやめておきましょう。全て終わったことだと意識して、今は目の前にいる彼女を愛してあげてください。

≪「無関心」は相手を傷つけるNGワード≫

愛情の裏返しは「無関心」といいます。たまに彼女のことに関して興味が無いという男性がいますが、そんなカップルはすでに終わっています。ケンカをしているカップルの方がよっぽど愛し合っているのではないでしょうか。

24時間365日、常に彼女のことを意識する必要はありません。ですが、興味が無いことが露骨に出てしまうような行動、発言はやめましょう。「今日は仕事どうだった?」という具合に、他愛も無いことでも良いので、積極的に彼女と会話をすることを心がけてください。

≪「ちょっと太った?」は彼女を怒らせるNGワード≫

遠距離恋愛などをしている方は、月に1~2回程度しか会えないことも多いでしょう。久々に会ってみると、前会った時よりも太っていることがあるかもしれません。

男性は、「お前少し太った?」と何気なく聞いてしまいますが、その質問を女性に浴びせるのはNGです。これは何となくわかりますよね。男性が思っている以上に、女性は「体重」を気にします。人によってはショックを受けてしまうかもしれません。
「あれ、太った?」ではなく、「あれ、少し痩せた?」と聞くようにしましょう。たとえ体重が変わっていなくても、彼女自身は悪い気がしないはずです。

≪「金貸して」というお金絡みのNGワード≫

「ごめん、金貸して」と彼女からお金を借りる男性もいるようです。お金が無い割に、趣味の道具だけは充実している、そんな男性も少なくありません。お金の話でケンカになって別れてしまうケースもかなりありますので、いくら彼女でも「借金をするのは控える」ようにしましょう。
もし、どうしてもお金が足りない場合、使用用途をきちんと伝えた上で借りるようにしましょう。そしてできるだけ早く返済することです。借りた物はちゃんと返す、これは人として当然ですよね。

いかがだったでしょうか?彼女を怒らせるNGワードはこの他にもたくさんあります。大事なことは、「自分が言われたらどう思うか?」ということです。自分が嫌と思うことは、大抵相手も嫌な気分になるもの。男性として言葉に気を付けて、良好な関係を築いていきましょう。