≪男らしさが女性との恋愛を阻害する?≫

「男なら黙って行動で示せ」そんなことを言われている時代もありました。好きな人がいても、「好き」と口に出さずに、ただそばにいるだけ。男性は、口よりも行動で思いや考えを伝えることが、美徳とされていた時代が長いため、現在でも情緒を表現することは恥ずかしいと感じる風潮があります。

≪感情表現の重要性≫

実際、男らしさを全面に出したキャラクターは、寡黙で行動力に溢れています。こうした感情表現が穏やかな男性は、フィクションであれば女性だって格好イイと思います。

しかし、感情表現が穏やかということは、「好き」「愛している」という愛情表現も少ないということ。必然的に口数も少なくなるので、一緒にいてもつまらないのです。とは言え、感情表現が穏やかな男性たちも、パートナーを愛する気持ちは本物。

感情表現が苦手なりに、行動で愛情を示していることでしょう。例えば、彼女のためにプリンを用意したり、デートプランを考えたり、といったものがそうですね。ひょっとしたら、歩くのがゆったりなパートナーのために、歩調を合わせていることもあるかもしれません。

しかし、言葉にして表さないので、パートナーに気遣いが伝わりにくくなります。またよしんば男性の気遣いに気づいても、彼女たちは、その気遣いにある意図に自信が持てません。「もともと優しいから、私を気遣ってくれる」と勘違いされやすく、男性の好意を相手の女性たちはキャッチできない状況なのです。

交際をスタートさせる前後、つまり2人の距離を縮める段階には、お互いが相思相愛である実感が必要。相手に愛されている確信がなければ、相手のために行動することは難しいのです。愛されている確信がなければ、相手を信頼できず、距離を縮めることができませんから、交際が長く続かなかったり、関係が発展しなかったりすることがあります。ですから、好意を伝えるために欠かせない感情表現は、パートナーとの仲を深めるために欠かせないスキルなのです。

≪女性との会話に感情表現を交えよう≫

女性は、男性よりも情緒を大切にする性別です。会話の流れを聞いてもそうですよね。女性同士の会話では、会話の内容よりも、そのできごとによって、どう感じたかが中心に話が展開します。そのため、男性からすると内容やオチがないので、女性たちの会話の何が面白いのか理解できないことが多々あるのです。

一方、男性は会話の内容を重視します。特に聞き手が感情表現が穏やかな男性の場合、会話の途中で感情豊かに相づちを打ったり、感情を表したりしないので、女性としては話しにくくなることも。

最初はぎこちなくても、折りに触れて大げさに笑ったり、相づちを打つことで、相手の女性はぐっと話しやすくなります。話しやすさを感じれば、話題は次から次へと溢れて来るので、会話が続かないということもありません。

女性は基本的にお喋りが好きなので、自分の話を聞いてくれる男性の好感度も上がり、距離を縮めることもできます。また、女性の会話の中で感情表現を挟むことで、言葉や動作で感情を伝えることに慣れてきます。次第に、好きな女性に好意や喜びを伝えられるようにもなるでしょう。

ただ、無理に感情表現をしながら女性の話を聞く、ということで「女性との交際は楽しくなさそう」と感じるかもしれません。しかし、感情表現をすることで、会話のリズムが良くなるので、自然と会話が盛り上がります。相手の女性や、自分も会話が楽しくなり、自分にとって深いところまで話す機会も得られるでしょう。結果として、2人の距離が縮まり信頼感が芽生えるので、感情表現が穏やかで無理に会話を続けていた頃よりも、パートナーといる時間が満ち足りたものになるはずです。