≪デリカシーゼロ!彼女相手にアイドル語り≫

皆さんはお気に入りの女性アイドルっていますか?もしくは女優でも歌手でも結構ですし、タレントでも良いです。いっそのこと2次元!漫画のキャラクターでも構いませんよ。

その人を見ていると胸がトキメいて気分がパーっと明るくなりますよね?好きなところはたくさん挙げられるし、他の人についついその人への愛を語りたくなってしまうでしょう。私もTVでお気に入りの俳優さんを見てよく癒されています。

もちろんそれはあくまで憧れであり、娯楽の1つにすぎません。生活に支障をきたさないレベルならハマっても良いじゃないかな?と個人的には思います。

しかしここでやってはいけない行動、それは恋人にお気に入りアイドル(女優もアニメキャラもここではひとまとめにさせていただきます)への愛をしつこく語ることです。この時点で「あ、確かにそうだよね…」と思えなかった方は、以下の理由をよく読んで控えるようにしてくださいね。

≪そもそも興味が無い≫

お互いに同じグループなどを応援している場合を除き、たいていの女性はあなたのアイドル趣味に興味を持ってはくれないでしょう。「あの振り付けが可愛くて最高!」と熱く語られても、関心が持てないのにその話を長々とされると疲れてしまいます。最初は彼女も笑顔でいてくれますが、気付いた頃には般若のようになっているかもしれませんよ?せっかく一緒にいるのですから、お互いが楽しいおしゃべりをしましょう。

≪嫉妬します≫

憧れや疑似恋愛だからとはいえ、彼氏が自分以外の異性に夢中になっていると言うのは、女性からすると面白いものではないです。つまりは嫉妬なんですけどね…アイドルにも、それにハマっている彼氏にも、そしてそれを受け流せない子どもな自分にも腹が立つんです。悔しくて悲しくて、憎しみまであふれてくる始末。もしも自分の趣味を彼女と健全に共有できないと感じたら、慎みを持ってこっそり楽しんで欲しいです。

≪比べるとか最悪です≫

また、当然ながら比べたりするのは最悪な行動です。「アイドルちゃんは可愛いのにお前ときたら…」こんなことを言われたら、喧嘩だけでは済まないかも?彼女に直して欲しいところがあるにしても、この言い方では改善どころか反発したくなりますよ。それでもあなたがその話題を続けていたら、グーパンチされた後、悲しいお別れが待っているかもしれません。

お分かり頂けたと思いますが、好きなものはファン同士で愛でるのが良いでしょう。私も好みのタイプを聞かれたら好きなアイドルを答えるくらいで、深く愛は語りません。それが恋人への気遣いだと考えています。