≪お酒に注意!楽しい飲みを台無しにしてしまうかも……≫

お酒を飲み交わして仲を深めるのは、男女の仲に限らないコミュニケーション方法です。出会いは酒の席だったという男女も多いでしょう。
お酒は人の仲を取り次いでくれるステキなものなのですが、デメリットもあります。実はお酒が原因となって別れてしまう男女もまた多いのです。

≪酒は本音も欲望を暴いてしまう≫

お酒は脳の働きを鈍くし、理性や判断力を鈍らせます。結果として、酔った人は普段は隠している本音や欲望がそのまま外に出るようになります。いつもは欲望を理性が抑えているのですが、その理性の働きが弱くなってしまうのですね。
ここで厄介なのが、欲望が漏れ出てしまうこと。そう、男性が女性に感じている性欲まで明らかになってしまいます。既に男女の仲であれば、そういったことを漏らしても受け止めてもらえるかもしれませんが……まだ付き合い始めて日が浅かったり、隠していた性欲が大きすぎたりすると、そうはいきません。
常日頃から欲望を我慢している方は、人一倍お酒に気をつける必要があるでしょう。

≪自分の酒癖、わかりますか?≫

お酒を飲む上で一番気をつけたいのは酒癖です。人によって酒癖の出方は様々ですが、明るく楽しいものもあれば、他人に迷惑をかけてしまう厄介な酔い方もあります。
あなたは自分の酒癖をちゃんと把握していますか? 把握できていないのなら確認しておくことをお勧めします。把握できているという方ですが……本当にその認識が正しいと断言できますか? お酒をガッツリと飲んだ時に、自分を客観的にしっかりと見られる人はあまりいません。自分ではわかっているつもりでも、事実とは大幅に異なっているかもしれません。
酒癖対策を行うなら、男友達に頼んで自分の酒癖をチェックしてもらうのが良いでしょう。誰か一人に飲まないでおいてもらい、自分は思いっきり飲んで酒癖を晒してしまうのです。翌日にでも自分の酔い方を教えてもらいましょう。飲まないでチェックする担当の人の分はおごってあげると良いですね。

≪自分の酒癖がとても悪かった時は……≫

人に延々と説教や持論語りを行う語り酒、様々なことをやり玉に挙げては涙する泣き上戸、ひたすらに笑い続けてやかましい笑い酒、はたまた酒の勢いに任せて大暴れ……などなど厄介な酒癖はたくさんあります。もしも自分の酒癖がそういった迷惑なものだとわかったのなら、彼女と飲むのにも注意が必要になります。
飲み方や量をうまく調節してあまり酔わないようにするのも一つの手ですが、酒に弱かったり、飲み始めると勢いがついてしまったりするような方だとこの方法も使えません。
そういった時は素直に話してしまうのがベストです。酒席を断ることもできますがそれはそれで寂しいものですし、彼女の気持ちも損ねてしまうでしょう。それよりも「飲みに行こう」と誘われた時にでも腹を割って話してしまうべきです。
しっかりと理由を述べた上で正直に話せば、酒への誘いを控えてくれたり、あるいは酒癖の悪さを理解した上で対応してくれたりするでしょう。 カップルなら全てを話すべき、とは言いませんが、秘密にしないほうが良いこともあります。