≪外見の話はデリケート、取り扱いは要注意≫

男がついつい気にしてしまいがちな女性の外見。しかし、女性からすればかなりデリケートな話題です。ほめてほしい時もあれば、触れてほしくない時もあり……その気持ちは男性からすれば摩訶不思議極まりないものです。
しかし、だからこそ外見に関する女性の気持ちを汲んであげられる男性は好感をもたれます。見た目に関する彼女たちの気分は取り扱いが非常に難しく、時には理不尽とも思えるものですが……それでも、努力を惜しむべきではありません。

≪オシャレについては積極的に話題にしよう≫

女性がオシャレをしてきた時や、髪形を変えた時など、女性の外見に変化があった時は積極的に話題にしましょう。むしろ、そういったタイミングで話題にできない男性は嫌われてしまいます。
女性のオシャレは男性からすると些細なポイントであることも多く、気づくのが難しいことも多いでしょう。こればっかりは意識して彼女の外見を見ていくしかありませんが、どうしても苦手な方は、デートの時に顔を合わせたタイミングでとりあえず服装や髪形をほめるようにしておくのがオススメです。

≪やたら外見を話題にするのはNG≫

だからと言って、やたらと外見を話題にするのはやめましょう。
男性にありがちな勘違いですが、女性が皆、外見をほめられれば必ず喜ぶなどと考えてはいけません。外見についてコメントするのはそういった話題になった時や会った直後など、適切なタイミングのみでするべきです。脈絡なく、まったく関係のない話題について話している時にいきなり外見の話題を振るのは絶対にやめましょう。
多くの女性が外見を重視しているのは事実ですし、人が女性を見る時には、どうしても外見が大きなファクターになるのもまた事実です。しかし、女性は外見だけではなく、れっきとした人格を持つ一人の人間です。外見以外にも、話題にするべきものがあるはずです。

≪もしも外見が趣味に合わない時は……≫

彼女の新しい髪形や化粧、服などが自分の趣味に合わない時にどうすればいいか、というのは男性の永遠の悩みです。
「趣味じゃないからやめてくれ」と指摘してしまうのは、相手の趣味を否定することになります。しかし、長い時間をともにする相手が、自分の趣味に合わない格好をしているという状態は中々に苦しいものです。格好によっては苦痛すら感じるでしょう。相手の嗜好を尊重するのは大切ですが、自分が我慢しすぎるのは問題です。
そういった場合に取れる手段の一つとして、否定するのではなく別の方向を勧めるという手があります。要するに今の趣味に合わない格好から、別の格好へと興味を変えさせることで、結果としてその格好をやめさせる、というやり方ですね。
別の方向性の格好を勧める際は慎重に事を運ぶ必要があります。もちろん「それは嫌いだからこっちにしろ」などという言い方は絶対にいけません。今の格好を否定すれば、彼女は反発してしまうでしょう。そうなれば、新しいものを勧めたところで素直に受け取ってはもらえなくなるでしょう。
あくまでも現在の格好については言及せず、少しずつさりげなく別の方向へと誘導していくことが大切です。押し付けるのではなく誘導する、と考えるとしっくりくるかもしれません。